40代正看護師さんの収入状況と一般収入との比較

40代の正看護師さんは20代の看護師さんに比べて従事者数は半分強になりますが、年々その数は増えてきています。

 

10年前と比較すると、約6万人だったのが10万人弱にまでなっています。日本の経済状況なども関係しているかもしれませんが、単純に現場でその経験と力が必要とされていることが分かります。

 

ここでは40代の正看護師さんの平均収入を厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」より調べてまとめています。

 

ご自身の現在の収入との比較や、転職の際の目安として参考にしてくださいね。

 

40代(40〜44歳)正看護師さんの平均収入

年別

年収 月収 賞与

2011年(H23年)

5,055,100円

342,400円

946,300円

2010年(H22年)

5,020,500円

341,000円

928,500円

2009年(H21年)

4,920,300円

338,000円

864,300円

2008年(H20年)

5,112,300円

343,800円

986,700円

2007年(H19年)

4,893,900円

329,200円

943,500円

平均

5,000,420円

338,880円

933,860円

40代前半の正看護師さんの年収の平均は500万円超え。中には20代からずっと看護師一筋で働く方もいますので、既にベテランの域になっていますので、そういう方の年収は平均値を大きく上回ることになります。婦長クラスになると700万〜多い人で1000万円にもなってくるようです。

 

 

40代(45〜49歳)正看護師さんの平均収入

年別

年収 月収 賞与

2011年(H23年)

5,270,200円

357,000円

986,200円

2010年(H22年)

5,214,500円

350,900円

1,003,700円

2009年(H21年)

5,112,500円

344,400円

979,700円

2008年(H20年)

5,092,900円

343,700円

968,500円

2007年(H19年)

4,964,500円

336,200円

930,100円

平均

5,130,920円

346,440円

973,640円

先に書きましたとおり、40代ともなれば年収はさまざまで、地方や首都圏と比較しても大きく変わってきます。また、私立か公立かによっても変わりますし、役職の有無や経験年数、夜勤専従または夜勤が多い方などによっても100万円単位で変わります。

 

平均としては約520万円弱ということですね。

 

 

では、同世代の方との一般平均年収で比較してましょう。

 

40代男女別一般平均年収

性別

40代前半 40代後半

男性

平均年収 577万円

平均年収 632万円

女性

平均年収 286万円

平均年収 280万円

男女平均

平均年収 465万円

平均年収 481万円

正看護師さんとの比較

正看40代前半 一般40代前半 正看40代後半 一般40代後半

500万円

465万円

513万円

481万円

こうして表にしてみるとよく分かりますが、一般女性の平均年収が随分低くなっていることが分かります。これは社員としてバリバリ働いているのではなく、既に家庭を持ってパート・アルバイトとして働く方が多くなっていることが要因として挙げられますね。

 

それに比べて女性の多い看護師さんは一般女性の倍近く収入があることになります。ただ、収入が高い分、夜勤での身体への負担や労働時間の長さは一般女性のそれとは随分違ってくる部分は当然あるでしょう。

 

転職を考える場合も40代の方はラストチャンスと捉えて動く方が多いようです。

 

 

正看護師・准看護師求人サイト比較一覧へ

 

 

 

40代の正看護師がもらっている年収一覧関連ページ

20代正看護師の年収
正看護師さんが気になる収入について、一覧にしてまとめてみました。ここではこれから働く看護師さん、少し現場が分かってきてやりがいが出始めた20代の正看護師さんについて見てみましょう。
30代正看護師の年収
30代正看護師さんの気になる年収や月収、ボーナスについてまとめてあります。既に現場では大活躍中の30代看護師さんは平均的にいくらの給料をもらっているのでしょうか?