療養病棟ではゆっくりした業務が行える?

多くの看護師さんは、療養病棟では寝たきりの患者さんばかりなので、ゆっくりとした業務になるんじゃないかな、と思っていませんか?

 

確かに、患者さんとはじっくり向き合いながら看護を進めていく業務にはなりますが、だからと言ってゆっくりかというとそうではなく、意識がない患者さん、重い症状の患者さんもいらっしゃいます。

 

患者さん自体が寝たきりになっている場合が多いので、話しかけても反応が薄かったり、反応自体がなかったりと、意思疎通が大変だったりすることも多いわけです。

 

なので、療養病棟に転職を希望される看護師には、「患者さんと一人ひとり向き合い、触れ合いながら看護をして仲良くなっていきたい」という、看護師の鏡のような気持ちで希望をしていても、実際の現場では理想と現実のギャップが発生してしまう場合が往々にしてあるんですね。

 

ただ、そのように思っている看護師さんの気持ち自体はとても素晴らしいものです。その気持が患者さんに伝わることで、意思疎通が出来たりして、「今日はご飯を一緒に食べてくれた!」といったようなことがもちろんそこにはある職場です。

 

自分自身のスキルアップには繋がりにくい職場なのでは?

もちろん急性期病棟のように、様々な手技が必要とされたり、臨床の場で行うこと自体は多くはありません。

 

けれども、だからあまり学ぶことも勉強することも少ないかと言えば全くそんなことはなく、患者さん一人ひとりの日々の小さな変化を認識しておく力が必要になります。小さなところを認識できるということは、日々の観察力がとても大切かつ重要になってくるわけです。

 

また、急激な容態変化にも対応していかなければなりません。そのための知識やスキルは一朝一夕で身につくものではなく、毎日学んでおかなければ、ともすれば急変などの大きな事態を引き起こします。もし急変の事態に対応できなければ、現場の看護師としては失格です。命に関わることですからね。

 

だだし、日々の業務自体は他の病棟に比べれば比較的落ち着いていますし、残業事態も少なめなので、自分自身の時間が取りやすいのが特徴です。この時間を活用して、自分でキャリアアップの勉強や資格取得の時間に当てたり出来ますから、より自分が望む現実に近づきやすいと言えるのではないでしょうか。

と言うことは、日々の業務はやっぱり楽なのでは?

何度も言います通り、多くの看護師さんは療養病棟に対して、「楽そう」とか「のんびりしてそう」というイメージがあるでしょう。

 

確かに常にバタバタしている感じは少ないかもしれませんが、楽かというと決してそんなことはなく、先に書いた急変への対応、ともすればステルベン(死亡)などを踏まえると、のんびり構えてはいられません。

 

当然寝たきりの患者さんが多いので、定期的な体位変換や床ずれをしないためのケアが必要です。全介助の患者さんであれば、おむつの交換その他全てのケアが必要になりますから、「楽」というイメージは当てはまらないと言っていいでしょう。

 

業務自体の動きまわる感ではなく、一人ひとりに対して、より深く責任がある業務内容になるわけですね。

 

療養病棟へ転職を考えているなら

「急性期で疲れてしまったので、出来るだけ楽なところに転職したい」という理由から療養病棟への転職を希望する看護師さんが多くいらっしゃるようですが、先に書いたことを踏まえておけば、楽ではなく、責任が大きい重要な職場であるという認識を持って転職をしていくべきでしょう。

 

「けどやっぱり療養病棟へ行ってみたい!」という方は、専門の転職コンサルタントに相談するのがよい選択です。すぐに転職先を探せるわけではないので、希望する転職先の病院を見つけてもらいながら、様々なアドバイスをもらいつつ転職を進めていってはいかがでしょうか。

 

看護のお仕事公式サイトの画像

療養病棟に強い求人サイトなら、「看護のお仕事」が良いでしょう。

 

なんと言っても毎月の利用者21万人以上を支える転職先との提携をしていますので、転職先が見つかる可能性は非常に高く、実際私もここで転職をお世話してもらいましたので、実体験からオススメ出来ます。

 

 

>>「看護のお仕事」の詳細について

 

 

 

療養病棟|医療療養病床と介護療療養病床の求人・転職、詳細関連ページ

急性期病棟
急性期病棟は若手の登竜門と云われるほど忙しく、残業が多そう、とにかく忙しそうなどと想像される看護師さんが多いのではないでしょうか。ここではそんな急性期病棟の本当のところと裏側をお伝えします。
美容(外科)クリニック
美容クリニックでの仕事は大きな病院に比べて夜勤もないし、自由が効きそう!なんてイメージを持ちがちですが、実際はどうなのかを見てみましょう。
リハビリテーション
回復期リハビリテーションと聞いて看護師さんが思い浮かぶのが、「リハビリ療養士さんの仕事場でしょ?」というイメージがあるかもしれません。ここでは現場での看護師さんの仕事内容も含めて、看護師さんの必要性を詳しく見てみます。
精神科
ストレスが多い現代社会では精神科での果たす役割が大きくなってきています。メンタルヘルスは今後重要な役割を担うことになる科目になりますが、実際にはどんな職場なのでしょうか。
訪問看護
訪問看護へ転職を考えている看護師さんにとって、病棟とは違う訪問形式だと最初は不安かもしれません。そんな訪問看護のお仕事がどんな内容なのかお伝えします。
介護施設
介護施設には、医療行為があるところとないところ、夜勤やオンコールの有無など勤務や業務形態がさまざまです。介護施設での転職を希望している方は参考にしてみてください。